汚れが付きにくいフッ素コーティング

注目記事

最近の商品は熱効率が良い

ガスコンロの購入は専門の通販サイトで! ガスコンロを安全に使用するためにも、古くなったら新しく購入するのが…

more

購入前に左右の火力を確かめる

ガスコンロを購入する時のポイント 寒い季節になってきましたね。鍋料理など温かいものを好んで食べることが多く…

more

最新情報

2017年12月21日
ロック機能があればお子様のいる家庭でも安心を更新。
2017年12月21日
購入前に左右の火力を確かめるを更新。
2017年12月21日
汚れが付きにくいフッ素コーティングを更新。
2017年12月21日
最近の商品は熱効率が良いを更新。

カレンダー

2018年4月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ガスコンロを選ぶ際の注意点

家のガスコンロが使用できなくなったりした場合はやはり新しく購入する事が1つの選択肢です。その際にまず考えなくてはならないのがサイズです。自分の家庭のガスコンロを設置するスペースとガスコンロのサイズが違えばせっかく購入しても使い物にならない可能性があります。ガスコンロの購入をする際はしっかりサイズを測ってから商品を選ぶように注意しましょう。
そしてガスコンロはその名の通りガスを利用して火を点けるのですが、実はガスの種類は1つではありません。ガスには都市ガス(12A、13A)とプロパンガスがあり、それぞれ対応するガスコンロが違います。購入する時には自分の家庭のガスの種類とガスコンロが対応できるガスの種類を調べる必要があります。そしてガスコンロには左右に強い火力のバーナーと普通の火力のバーナーが並んでいて、強い火力のバーナーが壁際にならないようにする必要があります。強い火力のバーナーが右側か左側か確認し、間違えないようにしましょう。またトッププレートの種類もいくつかあり、耐久性に優れるガラストップ、光沢があり丈夫なクリスタルコート、質感が魅力のパールクリスタル、汚れを弾くフッ素コートとあります。自分が求める機能や見た目に合った種類を選びましょう。

ガスコンロ交換基準と選び方

ガスコンロが急につかなくなってしまった。そんな経験ある方いらっしゃるのではないでしょうか。壊れる前に交換する為の判断基準と、コンロ選びについて紹介していきたいと思います。ガスコンロの交換基準としては、平均で10年前後が寿命とされています。基本的にはこれを目安に交換されたほうが良いと思いますが、使い方や、お手入れ、器具の当たりハズレなどで壊れる時期は異なってきます。器具の当たりハズレについては検討の余地はありませんが、早く壊れてしまう一番の原因はお手入れをしているかしていないかだと思います。こんな症状が出ていたら買い換えをオススメします。火が赤火になっている。10年使用している。(いつ壊れてもおかしくありません)。
買い換えを検討されている方はまず自分がどの程度コンロを使用しているのか考えてください。例えば、普段外食が多く、家ではお湯を沸かすくらいであれば、高機能なコンロを買う必要はありません。一番安く、ボタンを押したら火がつくコンロで十分だと思います。また、料理を頻繁にされる方、オーブンなどをよく使用する方などは、高機能なガスコンロを買うのをオススメします。一番良いコンロの機能として、グリル内でオーブン機能が使える、温度調整機能が付いている。タイマーが付いている。魚の用途に応じて自動で焼いてくれるなどがあります。自分にあったものを選んで購入をオススメします。

Copyright(C)2017 ガスコンロはしっかりと検討してから購入 All Rights Reserved.